世界保健機関

posted in: 未分類 | 0

肥満(obesity)というのは当たり前のことながら摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが誘因ですが、量の変わらないごはんでも、あっというまに食べ終わる「早食い」をしていれば体重過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなります。
体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変化がみられず、体重が食物・飲料の摂取や排尿等で一時的に増減するような時、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が上昇します。
普通ならば骨折はしない位の小さな圧力でも、骨の限定された個所だけに何度も繰り返し続けて力が加わることにより、骨が折れてしまうこともあるようです。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭くなってしまって、血液の流れが停止し、重要な酸素や栄養が心筋に送られず、筋線維そのものが機能しなくなるという深刻な病気です。
脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収される行程を促す作用で広く知られており、血液の中のカルシウム濃度を調節し、筋肉の活動を操ったり、骨を作ってくれます。
トコトリエノールの作用としては酸化を遅らせる働きが殊に認識されていますが、それ以外に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生成を抑えることが知られています。
肝臓をいつまでも健やかにキープするためには、肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにすること、即ち、肝臓のアンチエイジング対策に地道に取り組むことが効果的だと考えられます。
子どもの耳管の仕組みは、大人の耳管と比較して幅がある上に短い形状で、またほぼ水平になっているため、菌が侵入しやすくなっているのです。大人より子どもの方が急性中耳炎を発症しやすいのは、これが原因です。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染によって起こるウイルス感染症の病名で、免疫不全に至り些細な真菌などによる日和見感染や悪性新生物などを複数発病する症候群のことを指しています。
ヒトの耳の内部構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに大別されますが、中耳の辺りに様々な細菌やウィルスが付き、炎症が起こったり、体液が滞留する病気を中耳炎と呼ぶのです。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの防御、あらゆる覚醒現象などを支配しており、単極性気分障害の患者さんは動きが鈍いことが明らかになっているのだ。
日本における結核対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」にならって実施されてきましたが、56年後の2007年からは異なる感染症とひとくくりにして「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に従って行われることに決まったのです。
暴飲暴食、肥満、喫煙、運動不足、人間関係などのストレス、加齢というような様々な原因が組み合わさると、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発症するのです。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、紫外線A波の極度の浴び過ぎがお肌に健康障害をもたらすとして、19歳未満が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用することの禁止を強く求めている最中です。
BMI(体重指数を求める式はどこの国も同じですが、BMI値の評価基準は国ごとにそれぞれ違いがあって、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22を標準体重とし、25以上は肥満、18.5未満であれば低体重と定義しています。