唾液

posted in: 未分類 | 0

黴菌やウィルスなどの病気を発生させる病原微生物が口から肺の中へ潜り込んで感染した結果、肺全体が炎症反応を起こしたことを「肺炎」というのです。
学校や幼稚園のような大規模な集団行動をする中で、花粉症の症状の為に他のみんなと等しく元気に運動できないのは、子どもにとって悔しいことです。
HIV、すなわちエイズウイルスを保有した精液、血液、母乳、腟分泌液、唾液等の体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口に触れることにより、感染の危険性が大きくなるのです。
耳鳴りの種類には当事者しか感じないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者以外にも性能の良いマイクロホンを利用してみると響いているような「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が満了してから約1ヶ月後には、市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に変更される医薬品もある位、ジェネリック(後発医薬品)は先進国で採用されているのです。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるため大気中のオゾン層を通過する際に一部が吸収されるものの、地表まで届いたUV-Bは皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊したりして、皮膚にとって悪い影響を与えています。
1回歯の表面を覆っている骨を減らすまでに症状の進んでしまった歯周病は、たとえ進行具合が落ち着いたとしても、骨が元通りに復活することはないのです。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを鎮圧し、分泌物質の覚醒などを支配しており、単極性気分障害(うつ病)の患者さんではその作用が減少していることが分かっているのだ。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、四肢がジンジンと痺れたり下肢の著しい浮腫などが象徴的で、進行してしまうと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全も誘引することがあるそうです。
季節病ともいわれる花粉症とは、森の杉や檜、ブタクサなどの大量の花粉が因子となって、クシャミ・目の痒み・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を招く病気として日本人に定着しています。
「あまりにも多忙だ」「わずらわしい人との付き合いが嫌い」「テクノロジーや情報の著しい進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスがのしかかるシーンはみんな異なります。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側の空間が狭くなってしまって、血液の流れが停止し、酸素や色々な栄養が心筋に送られず、筋肉細胞自体が機能しなくなる大変恐ろしい病気です。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を衰退させたり突然変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で解毒し、肝臓の役割を促すような役目が判明しているのです。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、運動不足、日々のストレス、加齢というような様々な誘因が融合すると、インスリン分泌が減少したり、機能が低下したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発病するのです。
もしも婦人科の血液検査でやはり女性ホルモンの分泌量が基準値よりも少なく早期閉経(premature menopause)だと分かった場合、少ない女性ホルモンを補充するような処置で緩和することができます。