緩和

posted in: 未分類 | 0

脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経の調節や痛みの鎮静、様々な器官の覚醒などを操っていて、大うつ病の患者はその作用が低減していることが明らかになっている。
もし血液検査で現実問題として女性ホルモンの分泌量が少なくて早期閉経だと判明したら、不足している分の女性ホルモンを足してあげる処置で緩和できます。
トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる作用がもっとも認識されていますが、加えて肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑えるということが確認されています。
肝臓をいつまでも健康に維持し続けるためには、肝臓の解毒作用が衰退しないようにする、別言すると、肝臓を老化させない対処法を地道におこなうことが有効だと考えられます。
触れ合うことで、当事者が猫のことを愛おしく思った場合に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレス緩和や心の癒しなどに繋がっているのです。
男性の生殖器である前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、即ち雄性ホルモンがとても大きく関わっていて、前立腺に出現したがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に刺激されて成長してしまうのです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではない覚醒状態で生命を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋緊張の保持等)ために欠かせない理論上のエネルギー消費量のことを指すのです。
現代のオペ室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を設けさせ、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を付けるか、そうでなければ側にその専門室を準備するのが常識となっている。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体の中の脂肪の占有する割合を指し、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で表すことができます。
お酒に含まれるアルコールやお薬、合成発色剤を始めとした食品添加物などの物質を酵素によって分解して無毒化する作用のことを解毒と称しており、多機能な肝臓が担っている最も重要な仕事のひとつだと言えるでしょう。
鍼灸針を気になる所に刺す、という物体的な多数の刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名前の要は電気信号の化学伝達を誘発するのではないかという見解が一般的です。
食事という行為は、次に食べたいと思った物をなんとなく口に運んで幾度か噛んで飲み込むだけに思われがちだが、その後も人体は実にまめに働き続けて異物を人体に取り込む努力をし続けているのだ。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が切れてから30日後、製薬市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に変更されるという薬もあるというくらい、ジェネリック(後発医薬品)は世界中に親しまれています。
ばい菌やウィルスなどの病気を生む微生物、即ち病原体が口から肺へ進入し伝染し、肺そのものが炎症を起こしてしまっている様子を「肺炎」と総称しているのです。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を悪化させたり変異を誘引する害のある物質を身体の中で無毒化し、肝臓の力を強化するような働きが確認されています。