膵臓

posted in: 未分類 | 0

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森林の杉や檜、ブタクサなどの大量の花粉が誘因となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を示す病気だということができます。
狭心症(angina pectoris)の外科手術では大体「大動脈内バルーンパンピング法」に加えてグラフトを用いる「冠動脈バイパス移植術」の2種の技術が高い確率で扱われています。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に内在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことが原因となり、あの膵臓からインスリンが微々たる量しか分泌されなくなってしまって発症に至るタイプの糖尿病です。
ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間にあって緩衝材に近い働きをしている椎間板(ついかんばん)という名前の円形の組織が飛び出した状態を指しているのです。
体脂肪量は変動が見られず、体重が食事や排尿等で短時間で増減する時は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が高くなることがわかっています。
「肝機能の悪化」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3種類の値で確認することができますが、ここ数年肝機能が悪くなっている人数が明らかに増加傾向にあるそうです。
欧米諸国おいては、新しい薬の特許が満了した約1ヶ月後、市場の約8割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に取って代わるというクスリもあるほど、後発医薬品は先進国で採用されています。
ストレスが蓄積するシステムや、有用なストレス対策法など、ストレスに関わる正確な知識を保持している方は、現時点ではさほど多くはありません。
アルコール、お薬、化学調味料を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する働きの事を解毒と称しており、多機能な肝臓が果たす非常に大事な役割分担のひとつだということは間違いありません。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、身体に害を与えるUV-Aの度を越した浴び過ぎは皮膚病を招くとして、19歳未満の人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行動の禁止を主に先進国に提起しています。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みのブロック、様々な分泌物質の覚醒などをコントロールしていて、大うつ病(単極性気分障害)に罹患している人はその力が落ちていることが科学的に証明されている。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caが体内に吸収されるのを促進する作用が知られており、血中の濃度を操って、筋肉の動き方を調整したり、骨を生成します。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、要はまるい形状の赤色の発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ疾患の総合的な病名ですが、その原因はまったくもって多種多様だということができます。
20〜30才代で更年期が来たとすれば、医学的な用語で表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病のことを指します(我が国では40歳以下の比較的若い女の人が閉経してしまう状態のことを「早期閉経(premature menopause)」と言っています)。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する長期間に及ぶ後追い調査の結果をみると、体の大きな成人に比べて体の小さい子供のほうが広まった放射能の有害な影響を受けやすくなっていることが見て取れます。