診断

posted in: 未分類 | 0

今、比較的若い世代で結核(けっかく)の免疫(抵抗力)を持っていない人々が増加傾向にあることや、自己判断のせいで診断が遅れることが要因の集団・院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっています。
「肝機能の悪化」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、そしてγ-GTPなどの数値によってモニタリングできますが、ここ数年肝機能が落ちている人数が明らかに増えているということが分かっています。
ストレスがかかり、溜まるという経過や手軽な抗ストレス方法など、ストレスというものの正確な知識を学ぼうとする人は、さほど多くはありません。
自動体外式除細動器(AED)というのは医療従事者ではない一般の人にも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの手順に従って扱うことで、心臓が細かく震える心室細動に対する処置の効果を実現します。
吐血と喀血はいずれも口からの出血に違いはありませんが、喀血というものは喉から肺に達している気道(呼吸器の一種)から血が出ることで、吐血は十二指腸より上部の消化管から出血することを表します。
常日頃から横向きになったままTVを視聴していたり、頬に頬杖をついたり、かかとの高い靴を毎日のように履くというような癖や習慣は身体の均衡が崩れる主因になります。
メタボリックシンドロームとは言われなくても、内臓に脂肪が付いてしまう手合いの肥満症を持っている事に縁って、複数の生活習慣病を誘引する可能性が高まります。
1回永久歯の表面の骨を溶かすまでに深刻になってしまった歯周病は、たとえ炎症自体が安定したとしても、エナメル質が元の量に復元されるようなことは無いということを頭に入れておいてください。
筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝りや首のこりから起こる患者数が多い頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強い頭痛」「ドーンと重苦しいような鈍い痛み」と言い表されることが多いようです。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が切れてから約30日後、製薬市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替わるような薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界各国に採用されています。
寝姿を見ることなどで、被介護者がセラピードッグのことを可愛らしいと思うことによって「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレス軽減や癒やしに結びつくのです。
ポリフェノールで最も有名な特徴はV.C.やトコフェロールなどとは性質が異なり、細胞間の水溶性の部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を遅れさせる作用を発揮するのです。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの類であるスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質について、肝臓から分泌される解毒酵素そのものの創造活動をサポートしているという新たな可能性が明らかになってきました。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに代わり、平成24年9月1日から原則無料で受けられる定期接種として導入されるため、集団接種ではなく小児科などの医療機関で注射する個別接種という形になりましたのでご注意ください。
体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がなく、体重が食事や排尿などにより短時間で増減するような時、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が高まることがわかっています。