酵素で分解

posted in: 未分類 | 0

チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ後追い調査のデータから、大人よりも体の小さい子供のほうが漏れた放射能のダメージをよく受けることが見て取れます。
アルコールや薬、科学的に合成された食品添加物等の物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と言い、肝臓の担う代表的な務めのひとつです。
「肝機能の低下」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの値によって確認できますが、ここ数年間で肝機能が衰退している日本人が徐々に増えていると報じられています。
基礎代謝量というのは睡眠中ではなく目覚めている状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張の保持など)のに要る基礎的なエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。
塩分と脂肪の摂取過多は控えて適切な運動に尽力するだけでなく、ストレスの少ない暮らしを続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め予防するポイントだといえます。
現在、比較的若い世代で結核菌(けっかくきん)の抵抗力、すなわち免疫力を保持していない人々の割合が高くなっていることや、受診の遅れに縁る集団・院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高いようです。
ハーバード医科大学の調べによると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2〜3杯はデカフェのコーヒーを飲むと、なんと直腸ガンの罹患率を0.52減少させることができたのだ。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、4〜5日くらいちゃんとお薬を飲めば、原則として9割近くの患者さんの自覚症状は消えますが、かといって食道粘膜の炎症反応が引いたとは言い切れません。
基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もしなくても使用するエネルギーのことですが、5割以上を体中の骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳の3つが使っていると考えられています。
杉の木の花粉が飛散する時に、まだ小さなお子さんが体温は普通なのにしょっちゅうクシャミしたり水っぱなが出続けているような症状だったなら、その子は『スギ花粉症』の可能性が高いかもしれません。
日本における結核対策は、1951年に施行された「結核予防法」に準ずる形で実行されてきましたが、2007年から数多くある結核以外の感染症と等しく「感染症新法」に基づいて遂行されることに決まったのです。
黴菌やウィルスなどの病気を招く病原微生物が呼吸とともに肺に進入し罹患してしまい、肺全体が炎症を起こしてしまっている状況を「肺炎」と呼ぶのです。
子供の耳管の構造は、大人に比べて幅広で短めの形状で、しかも水平に近いため、様々な菌が侵入しやすくなっているのです。大人よりも子どもの方がよく急性中耳炎になるのは、この構造が関わっています。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、身体に害を与えるUV-Aの極度の浴び過ぎがお肌に健康障害を招くとして、19歳未満が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行動の禁止を強く求めている最中です。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口から血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺をつなぐ気道からの出血のことであり、吐血の方は十二指腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る症状を示しているのです。