高血糖

posted in: 未分類 | 0

はりを皮膚に刺してもらう、という物的な程よい無数の刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名称の要するに電気信号伝達を発生させると言われているようです。
内臓脂肪が多いことによる肥満があった上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2〜3個に当てはまるような状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボというのです。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の物質について、肝臓の持つ解毒酵素のスムーズな生成活動を促進しているかもしれないという事実が明らかになりました。
くも膜下出血(SAH)は実に8割以上が脳動脈りゅうという脳内の血管の不要なこぶが破れることが要因となって起こる脳の病気だと認識されています。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変や脳梗塞を始めとする非常に多くの病気を起こす可能性が高いといわれています。
「時間に追われているように忙しい」「面倒な様々な付き合いが多すぎる」「あらゆる技術やインフォメーションの著しい高度化に付いていくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう元凶は人によって違います。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を持っている血液、精液をはじめ、母乳、腟分泌液といった類の体液が、看病する人などの粘膜や傷口に触れれば、HIV感染の危険性が高くなります。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というものは睡眠中ではなく目覚めている状態で命を維持する(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張のキープ等)のに要るミニマムなエネルギー消費量のことを指しています。
今までの生ワクチンに代わり、平成24年9月1日からとして導入されるので、注射してもらう個別接種の扱いになりますのでご注意ください。
ヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在してクッション的な役割をする椎間板(ツイカンバン)というやわらかい線維軟骨がはみ出た症例を表しています。
暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、精神的なストレス、高齢化など複数の原因が組み合わさると、インスリン分泌が減ったり、働きが落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病するのです。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今日までの研究結果から、予防効果を予想できるのは、ワクチンを注射した約14日後から約5カ月間ぐらいということです。
バイキンやウィルスなどの病気を生み出す微生物が肺の中へ入り込んで感染してしまい、肺の中が炎症反応を起こした様子を「肺炎」と称しているのです。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、四肢が無感覚になったり下肢の著しい浮腫みなどが標準で、病状が進行すると、あろうことか呼吸困難に陥る心不全も齎す可能性があるのです。
高齢化が原因の耳の遠さではちょっとずつ聴力が低くなりますが、通常還暦を超えないと聴力の悪さをきちんとは自認できないのです。