唾液

posted in: 未分類 | 0

黴菌やウィルスなどの病気を発生させる病原微生物が口から肺の中へ潜り込んで感染した結果、肺全体が炎症反応を起こしたことを「肺炎」というのです。 学校や幼稚園のような大規模な集団行動をする中で、花粉症の症状の為に他のみんなと等しく元気に運動できないのは、子どもにとって悔しいことです。 HIV、すなわちエイズウイルスを保有した精液、血液、母乳、腟分泌液、唾液等の体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口に触れることにより、感染の危険性が大きくなるのです。 耳鳴りの種類には当事者しか感じないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者以外にも性能の良いマイクロホンを利用してみると響いているような「他覚的耳鳴り」とがあるのです。

高血糖

posted in: 未分類 | 0

はりを皮膚に刺してもらう、という物的な程よい無数の刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名称の要するに電気信号伝達を発生させると言われているようです。 内臓脂肪が多いことによる肥満があった上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2〜3個に当てはまるような状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボというのです。

膵臓

posted in: 未分類 | 0

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森林の杉や檜、ブタクサなどの大量の花粉が誘因となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などのゆううつなアレルギー症状を示す病気だということができます。